くずかご。

リンクはご自由にどうぞ(リンクを張った後に一言言っていただけると嬉しいです)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE FLIGHT山梨公演イベントレポ

※イベントレポというより日記に近いです。

NANA MIZUKI LIVE FLIGHT山梨公演に参加して来ました。
会場は富士急ハイランド コニファーフォレスト。
キャパシティーは2万弱くらだったかな?
席は後方ど真ん中。通路から3列だったのでそこに通ってくれれば近くて嬉しいなって感じ。
一人分のスペースはちょっと狭めで、お互いに両手を上げると若干窮屈な感じでした。

物販は言わずもがな長蛇の列で50分早めての販売開始でした。
私は後の方に列についたのですが、品切れもTシャツの一部サイズのみでかなり量があったように感じます。



肝心なライブに関してですが、
開演前から三嶋P、矢吹さんが機材席についうまでに章夫、矢吹コールで会場は大盛り上がり。
奈々さんは裏で聞いていて嫉妬したそうな。
そして本編、VIRGIN CODEという激アツな曲からスタート。
その後もPreserved Roses、Stay Goldと日が出ているうちからかなり攻めてきてましたね。
そして、まさかの5曲目でのETERNAL BLAZEが。
これには驚きました。暗くなってからオレンジの海を作るのかなーなんて思ってたけれどもそうではなかったそうです。
そして、チェリーボーイズのターン。
FLIGHTということでサ○ダーバードのパロディっぽく映像を作ってありました。
世代ではないはずなのに懐かしいと感じてしまうのはなぜなのでしょうか…。

恒例のキャラソンコーナーではPlitsのGANBAらなくっちゃねが選ばれることに。

その後は少し静かになり、ドロドロとした感じへ移り、短編ドラマ(?)へ。
今回のドラマでは悠木碧ちゃんがゲスト出演でした。他の公演では別の方になるのかな?
碧ちゃんから奈々さんへの無茶ぶり「ふなっしーのモノマネ」での奈々っしー登場には笑いました。
碧ちゃん曰く、先輩をイジるのは楽しいとのこと。
映像からの流れで革命デュアリズムがスタート。
乗り物に乗って私の3列前を横切って行きました。

本編最後の曲は、絶対どこかで歌うと思ってたあの曲、ミラクル☆フライト。
歌い終わると一度出演者は全員掃けてアンコールへ。

アンコールでは時空サファイア、セツナキャパシティー、DISCOTHEQUEの3曲。
アンコール中のMCで台湾公演、シンガポール公演の発表。おめでとうございます。



全体的にSUPERNAL LIVERTY収録曲が多かったような気がします。
いつものことではありますが、衣装の凝っていること。デザイナーさんすごいです。


私は次は横浜なので、セトリに負けない体づくりをしようかな、なんて思いながら帰宅路についています。
周辺の方々もいい人ばかりで楽しかったですし、次回もそんな感じだといいですね。




それでは。

スポンサーサイト

水樹奈々「SUPERNAL LIBERTY」発売記念握手会レポ


ずっと滞っていたイベントレポもこれからはちゃんと残すようにしたいものです。



本日4月27日、水樹奈々さんの10thアルバム「SUPERNAL LIBERTY」のリリースイベント(握手会)に参加してきました。
私が参加した名古屋会場は3公演あり、そのうち一番早い12時30分からのものに当選しました。

開演時間になると三嶋Pが登場。
軽いトークで会場を沸かし、その後のライブパートに繋ぎます。
ライブパートではFATE、TRANSMIGRATIONの2曲を歌い、
距離のせいか、ライブとはまた少し違った雰囲気を感じましたね。
歌い終わると三嶋Pが再登場、奈々さんは握手準備のために退場。
そこから握手列が大方はけるまで三嶋Pの質問コーナーが。
ファンたちの要望から三嶋Pの好きな曲など、とても楽しい繋ぎでした。

そしてメインとなる握手です。
アルコールで除菌をし、いざご対面。
私の気持ち悪いにやけ顏を見せたと思うと恥ずかしいですが、それでも私は想いを伝えました。
事前に考えていた文章なんてまるっと忘れておどおどした話し方になってしまいましたが、伝わってくれたと信じています。
奈々さんの手は温かく、柔らかく、私の手はとろけてしまうかのような。



そんなこんなで興奮状態にあるわけですが、今は夕方からのアルバイトに向けて浜松への帰り路にあります。
夏にはLIVE FLIGHTの最初と最後に参加するので、このモチベーションは保って行きたいですね。
いや、絶対保てるでしょう。

奈々さんの魅力に惹かれて7年ほどになりますが、まだまだ精進して行かねばと再確認させられるイベントでした。





それでは。

一段落、そして。

行ってきました。SSA。

ラブライブの4thライブの2日目(2月9日)に行ってきました。



今回は2daysでしたが、チケットは2日目の分しかとれなかったので土曜日は地元のLVで。

LVでは思いっきりはしゃぎ、開演前から周りを巻き込む感じで叫んでました。

知り合い曰く、目立っていたとの事。

何はともあれ楽しかったという感想が一番最初にでましたね。


最初はみんな静かめだったので大丈夫かな?と思いつつありましたが、

本編が始まってしまえばもうそこはライブ会場。

前回(3rd)同様思いきり楽しむことが出来ました。



そして9日。

奇跡的にもアリーナA43列という神席を引き当てたので心を躍らせてSSAへ。

8日に大雪で交通網がかなりのダメージを受けていたので心配をしていましたが、なんとか予定通り昼ごろに着けました。

そして知り合いの方々と時間を潰し、時間になったら会場へ。

想像よりもステージに近く、また、花道にも近かったので開演前から大興奮。

開演してからはキチガイのごとく愛を叫びまくりましたよ。

知り合いがOP映像のアニメーション合成の背景に入っていたし、私も前の方の席だったのでおそらく映像化の際には映りこむであろうし、

とにかく円盤が楽しみです。





最後に、キャスト陣をはじめ、ライブの運営の方々にすばらしいものを見せてくれたことへの感謝を。
そして、お世話になった知り合いの皆さんへも感謝を。

ありがとうございました。



更新はいつも旅行の前に

なんだ元気に生きちゃってます。

8月31日に行われた静大ラブライ部主催BBQ

9月8日に行われた静大ラブライ部主催ことりちゃん誕生祭「ことり祭り」
のレポをまとめて書いておこうと思います。



まずは8月31日のBBQから。
総勢14名の参加者の中の一人として愛用の矢澤ジャージを着て参戦しました。
我が家からBBQセットや椅子などの道具類を貸し出し、皆さんの協力を得て無事最後まで楽しく過ごせました。
台風の関係で開催日時が不安定な中でしたが、集まってくれた参加者の皆さんには感謝しかできません。
それと、前日家に帰れないにもかかわらず道具の準備をしていてくれた家族には頭も上がりません。

みなさん本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。





次に9月8日に行われたことりちゃん誕生祭について。
こちらは13名の方々に集まっていただきました。
社会人の方の参加もだんだんと増えてきて私自身高まりつつ縮こまりつつ複雑な心境です。
今回も前回のにこ誕生祭に引き続いてコンチェルトさんにケーキを作ってもらい、
ことりちゃんの好物がチーズケーキということで特別にチーズケーキへのデコレーションをしてもらいました。
それがこちら
ことりケーキ
前回に引き続きとてもよいものを作っていただき部員の皆さんも大変喜んで撮影会をし、その後じゃんけん大会を経て、みんなでおいしく頂きました。
これはもう常連になることになるでしょうね。
正直店員さんに頭が上がりません。
土下座芸をするためだけに訪問することも快くさせていただきたい心境です。

もちろん私たちはケーキだけでは終わりません。
歌って騒いで輝いて。
ガラス窓のついた部屋だったので周囲からの視線が痛いほど刺さりましたが、それが気持ちいい。
おかげで次の日は筋肉痛のオンパレードですよ。これも気持ちいいのですけど。

次回は10月21日に誕生日を迎えるエリチカ会長の誕生祭ですかね。
初参加の人ともふれあっていきたいですね。物理的に♂





こんなところでしょうか。
筋肉痛を引きずりつつ寝て起きて岐阜に行ってきます。










それでは。





μ's3rdライブ浜松LVレポ

早く学校に着きすぎてしまったので久しぶりの更新です。




今回は先日の6月16日に行われたμ's3rdライブの浜松LVレポです。
今更ですが書きますよ。
レポートとかもろもろ溜まってたんだから仕方が無いじゃないですか。
うん、仕方がないよね!




それじゃあここからは本題ですよ。

先行で落選報告もちょこちょこ聞く中で一般販売を勝ち抜いた私は、
物販が少ないだろうと思って始発で行って外で待機してたわけですよ。
私4番目だったんですけどね。

いざ映画館の扉前に並んだら店員の大声が、
「30ずつ程度しかありませんので全員が買える保証はありません」
唖然としましたね。
4番目だから安パイではあったんですけど、でもその数には驚きました。


難なく全グッズを揃え、物販列で後ろにいた方や、Twitterのフォロワーさんなどと共にご飯食べたりお話したりして会場までの時間を潰したわけですよ。



そして開演前、にゅうにゅうすの管理人さんが来てたらしく、円陣を組もうとしたらスタッフにより解散。
ちょっと残念でしたが、当たり前でしたよね。


ついに開演の時。
古参の方々も数多く来ていらっしゃって、
身内も、そうでない方も皆が声を出してサイリウムを振って、
初めから会場のテンションはMAX
終始熱い会場した。

そのおかげで最高の時間を過ごすことが出来ましたし、
ラブライバーとの繋がりも出来ました。

心から感謝するとともに、次の埼玉のチケット抽選では敵ですから、
新参だろうと古参だろうと関係ありません。真剣勝負です。負けません。


皆さん本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。